J.K.C.日報。

ジャパンコタロークラブ日報。ノーフォークテリア虎太郎と愉快な相棒たちがお送りします。

いろいろスッキリ。

IMG_1969.jpg

こっちゃん、タマタマのお薬も終了し、ホッとひと段落。

やっぱりあれから特に変化なしでした。

薬なしで2週間様子見て、また腫れてきたりしなければ終わり!

はー、投薬のない日々って楽だ〜(朝はあるけど)


病院で先生に、今後のトリミングとシャンプーのことについて聞いてみました。

こっちゃんが、トリミングとシャンプーの時、ドキドキしちゃっているのが気になって。


毛を抜くのは、この犬らしさを保つためであって、皮膚の健康としてする必要はない。

 ハサミやバリカンで伸びたところを切るのでいいと思う。

 毛を抜いて、皮膚が真っ赤になっちゃう子もいるしね。
」(意訳)

シャンプーは、犬は汗をかくわけじゃないから特にニオイとか気にならなければしなくてもいい。

 ドライシャンプーは、毛についた汚れを粉と一緒に落とすだけだから、皮膚が綺麗になるわけじゃない。

 シャンプーしたから、プラッキングしたから、と、心臓病が一気に進むってことはない。
」(意訳)

とのことでした。

(※現在のこっちゃんの状況で、という前提でのお話です)


えー、プラッキング、皮膚の健康にもいいみたいな話じゃなかったでしたっけ!

確かに、ハサミやバリカン仕上げだった子が、急にストリッピングしたら逆に皮膚に悪そうだけど・・・。

プラッキングの子が、ハサミやバリカンになっても平気って理解でいいのかしら。


まぁそんな話だったので、ぬきぬきちょきちょきしてシャンプーしてスッキリさん

飾り毛や脚の毛など、初めてハサミで処理。

あ〜せっかくの毛が〜ってほど育ってた毛でもないけど、勿体無い&そこはかとない罪悪感。

でも、ハサミの方がこっちゃんの負担もなさそうでした。

「なんとなく嫌なんだけど・・・」って反応がなかったので

だんだんハサミ率が高くなっていく予定。

柔らかい毛のこっちゃんなんて想像できない・・・。



ランキングに参加しています。
にほん ブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
よろしければ応援のクリックをお願いします!


ジャンル : ペット
テーマ : ノーフォークテリア

[ 2016/09/23 12:46 ] 日報。 | TB(-) | CM(-)

タマタマ。

さて大きくなったタマタマですが、2週間消炎剤と抗生剤を飲んで、約1cm小さくなりました。

1cmって結構違いますよ。どんだけですよ。

どこまでお薬続けたらいいのやら?

とりあえずあと2週間分お薬もらいました。

まだなんとなく、普通サイズではない感じだけど、あと1cmは縮まらないと思うけど。


IMG_1783.jpg

たわわに実ったボクのタマタマが・・・

いやいや残ってるだけいいじゃないですか。

切って取るかと思いましたよ。


しかし抗生剤(ウェルメイトタブレット)がものすごく苦いらしく、普通に舌の奥に乗せて飲ませようとしたら、泡を吹いて暴れてびっくりしました。

先生に言ったら、「ああ・・・苦いみたいですねぇ・・・」と苦笑。

言っといて。それ先に教えといて!笑

毒でも盛ったか盛られたか、という大騒ぎでしたよ。


最初の2週間は粉末にしてヨーグルトに混ぜたら食べていたけど、だんだん気づいて食べなくなり、チーズに包んだらなんとかOK。

少しでも薬が舌に着くとダメなようです。

なんかもうちょっと飲みやすい薬ないのでしょうかね。


もうしばらく頑張ってくださいよ、虎太郎さん!



ランキングに参加しています。
にほん ブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
よろしければ応援のクリックをお願いします!

ジャンル : ペット
テーマ : ノーフォークテリア

[ 2016/09/05 16:54 ] 医療。 | TB(-) | CM(-)

足音。

IMG_1260.jpg

7月末に心エコーをとったところ、ベトメディンというお薬の併用を勧められました。

悪化するしかない病気なわけですから、いつかはその日が来ることはわかっているけれど、こうして事実として目の前に提示されるとなかなか心穏やかにはいられません。

ただ数値上はそうなのですが、全身状態として悪化を実感することはなく、数値もまた日によって上がったり下がったりで本当に今がそのタイミングなのか?と思って、まだ投与はしていません。

次のエコー検査は3ヶ月後と言われたので、その時の結果でもやはりということであれば併用しようと思っています。

(ちなみに今飲んでいるのはエースワーカー。)


そんな感じでまったり冷房の中で暮らしていたある日。

こっちゃんのタマタマの片方が腫れている?ことに気づきました。


心臓病と長くお付き合いをし、別の病気で亡くなることもある」、と、どこかのサイトで読んだ一文を思い出し。

まさかそれが来てしまったのでは?!と急いで病院へ。


もしも去勢手術となった場合、心臓はもつのか?

保たずに逝ってしまった場合、娘になんて説明したらいいのか?

そもそも説明できる程、自分が正気を保てるのか?


でも本人、触っても痛がらないし、全然気にしている様子もない。

こっちの心だけが空回りしてる感がすごい

全く普段通りのまったりワンコ。


病院でタマエコーを撮ってもらったところ、腫瘍と認められる要素はないそうで、抗生物質と消炎剤で様子を見ることになりました。

先生のお話によると、陰嚢に降りているタマタマが腫瘍化することは殆どないそうです。可能性はゼロではないけれど。

あーホッとしたホッとした

あまりにホッとして、もらった薬を飲ませるのまで忘れそうになりました。(ぉぃ


でも、早めに心臓のことがわかったってことは、その日を迎えるまでの時間をたくさんこっちゃんがくれているということだから、しっかり見送る心を整えなくてはいけないんだなって思ったのでした。

自分も、夫も。

そして娘にも、その準備をさせてあげなくてはいけない。

そんなことを考えた一週間でした。



ランキングに参加しています。
にほん ブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
よろしければ応援のクリックをお願いします!


ジャンル : ペット
テーマ : ノーフォークテリア

[ 2016/08/21 17:04 ] 医療。 | TB(-) | CM(-)