J.K.C.日報。

ジャパンコタロークラブ日報。ノーフォークテリア虎太郎と愉快な相棒たちがお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

犬ごはん。

犬ごはんについて再考。
長期のお休み中で時間があるから、手作り食を再開しようかなと思ったので。
それにあたり、新たな本を購入。


今回買ってみたのは、「須崎恭彦/ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん/ブロンズ新社」「同/かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!/女子栄養大学出版部」の2冊。
ヒトのレシピ本みたいに、できあがりの写真がいっぱい載っていて見てて楽しいです。
ちなみに前から持っている本は、「本村伸子/愛犬を病気・肥満から守る健康ごはん/ペガサス」。


「生肉/生魚+生野菜」の本村さんに対し、須崎さんは「火を通した肉/魚+野菜+炭水化物」、という感じです。
本村さんのごはんは、人間の炭水化物抜きダイエット食にそっくり。
須崎さんのごはんは、病人食にそっくり。


先に本村さんの本を読んでいたので、須崎さんのごはんメイン(?)な感じにはちょっと抵抗が・・・
でもコタは太らせたいので、炭水化物をプラスしてみようかな?と思いました。
ただ「昔は犬なんて味噌汁ぶっかけご飯を食べてたんだから大丈夫」みたいな根拠が、日本で暮らし始めた年数が浅いノーフォークには合わない気も・・・。
ごはん全く無し、ではなくてちょっとプラスしてあげよう、という位にしようかな?
本村さんによると、ごはんに含まれる糖類とお肉のタンパク質を分解する酵素が違うので、別々に与えた方がいいらしいので、朝はごはん、夜はお肉、みたいにしようかな?
逆の方が太るかな?(人の場合はきっとそう)
でも毎日ごはんをあげていいのかな、どうなのかな、コタに合えばいいのかな?

どっちがよしあしではなくて、「コタを健康的に太らせたい」ことを軸にして、いいとこどりしようと思います。
もっともっと、要勉強ですね。


[ 2007/08/20 11:12 ] ごはん。 | TB(0) | CM(12)
なやみどころ
こたくん自身が何を好むかっていうのも大事かも。
母も最初は「炭水化物不要派」でした。でも、たまに「炭水化物もの=リゾットのようなもの」をあげたりすると、喜ぶときや、見向きもしないときや。。。
彼らの体が欲するものが食欲に出ると思うので、たま~にいろいろと上げてみると、まんべんなく、&極端にならずにいいかもしれないです~。
どれかひとつに答えってないかも。。ほんとは欲しいけど。v-16
[ 2007/08/20 12:07 ] [ 編集 ]
手作り食は奥が深いv-45
炭水化物不要派と必要派がいますね。
でも麦系が多かったドックフードからすればまずはどちらにしても偏らずに万遍と言うのが大切かと…
手作り食は日々勉強です。それにワン自身の嗜好や合うもの合わないものがあるのであせらずに少しずつ進めるのがよいと思います。
本からの情報だとなかなか進められないから、手作り先輩派からいろいろ情報をもらうのもいいと思います。
最初からバランスの取れた食事を作るのは難しいのでまずは市販されているプレミックスフードを活用して進めるとワンのお腹にも優しいと思いますよ。
我が家は基本的にはお肉と野菜、オイルとサプリメントですが、たまには炭水化物を入れたプレミックスを使ったりもします。確かに糖分の多い芋類などは控えています、お腹も緩くなるし…
我が家が苦労しているのはカルシウムの補給です。
手作りはいいと思うよ。進めようと思っていました。いっしょにがんばろう!!
[ 2007/08/20 12:37 ] [ 編集 ]
難しいですね
うーん、手作り食。RUDYもちょうど記事にしようと思っていたところでした~。
知り合いに聞かれたので一度まとめてみようか(自分の中で)と思って。

コタくんの好み、体との相性なんかが一番大切ですよね。
炭水化物も一概に悪いとは言い切れないというか、不必要といいきれないというか・・・。
RUDYは季節で変えたりしています。
その時期の旬のおいしいものを食べると良いのは、きっと犬も人間も同じではないかと思います。

ただ、ルルもディディエも手作り食にしたら一時すごく痩せたんです。
吸収率の問題かなぁ???
お皿いっぱい食べても、相変わらずルルの体重は減り続けています。
なのでどのくらい食べさせるのが適量かを把握するのが大切かと思います。
コタくんがおいしく食べてくれるといいですね。
まきまきさま頑張ってくださいね~。
[ 2007/08/20 16:16 ] [ 編集 ]
まろん育ての母さま♪
ほんと、正解がないというのは難しいですね~~。
特に「太らせたい場合」なんて本に書いてないですし・・・。
パピー向けのごはんを目指そうと思っています。
やっぱり順調に体重が増えていたときは、パピー用のフードを食べていた時だったので。

あんまりガチガチに考えず、自分のごはんの延長で考えてみたいと思います。
そしたら確実に太れる?!i-195
[ 2007/08/20 19:11 ] [ 編集 ]
ノエルママさま♪
ノエルママさまのブログのごはんカテゴリーの記事を、何度も何度も読ませて頂いてます。
本だけではわからないことなども書いて下さっているので、本当に勉強になります。
ヒトが食べても美味しいんだろうなっていつも思います。
ノーフォークの先輩方は、皆さんWANの食生活にとても気を遣ってらっしゃる方が多く、手作り食をなさってる方も多いので心強いです。
以前ちらっと手作り食を行ったときは、難しく考えすぎちゃったので、結局パピー用フードを使うようになりましたが、今回は長期休暇中の間だけでもできるだけ手作りしてあげたいと思います。
[ 2007/08/20 19:28 ] [ 編集 ]
RUDYさま♪
早速ブログ拝見しました~!
なるほどなるほど、と思いました。
夏だから火を通した食事にする、という臨機応変さが、答えをひとつに絞り込まなくていいんだなって、視界が開けた思いがしました。

体重が減っちゃうのは、わたしにとっては今ものすごい恐怖です。
秋からショーシーズンが始まるのに、これ以上痩せたらどうしよう・・・って。
でもそれを恐れていたら、きっとずっと手作り食に移行することはできないだろうし・・・。

今週末はショーなので、今週中は移行期間(フード+野菜、とか)として激変させないようにしていこうと思います。
[ 2007/08/20 19:35 ] [ 編集 ]
生食
手作りご飯の話が出ると止まりません。個人的にメールをしてもいいのですが、ブログを読んでくださっている方と共有しましょう。
実は我が家、生食に切り替える時に非常に苦労しました。ノエルは合わない食べ物があると出血性の腸炎になってしまう。クィンシーはちょっと大き目のお肉でも消化不良を起こす。ふたりでお腹の調子が悪くなる原因が違うので苦労しました。一度は断念しました。その時に手を差し伸べてくださったのが茶犬のオーナーの方々だったのです。ですから少しでもわたしが苦労した経験を皆さんに還元できたらと思っています。
で、ドックフードから生食に切り替えると体重が落ちるのは穀類が減ったからだと思います。体重が減るのが心配ならまず穀類も含まれているプレミックスのケーナインヘルスをお勧めします。これは切り替えが簡単です。
ワン子は元々消化酵素を持たないので消化能力がありません。夏場それでなくても消化能力が落ちているので、生食の手作りになれてきた我が家でもいろいろは上げません、生のお魚などもストップします。
しかし生のお肉は合わないという方が多いですね。やはり生は抗原性が強いので合わないワンがいるかと、でも食物酵素は絶大ですね。我が家基本は生肉ですが、内臓肉やレバーなどは火を通しています。
ですのでレバーはクッキーなどにするわけです。
生食のキイワードは食物酵素とカルシウム、消化酵素ですね。
手作りへの移行としてフードに野菜はカロリーがダウンしてしまうし、バランスが悪い。フードはそれだけでバランス取っていますから… プレミックスを使うといいよ。
25日に少し持参しますから、サンプルとして我が家で使っているものを試食してください。
フードも今、お肉だけで穀類が入っていないものもで回っています。とにかくよい体を作るには良質なたんぱく質です!
たまに穀類を使うのは皮下脂肪もつけて、少し毛をフサフサにしないとね…
話つきません。どうしよう…
今のフードはそのまま続けておやつに手作りのご飯を追加すると言う方法にしてみたらどうかな。うまくいったら夜は手作り、朝はフードと言う風にして切り替えていくといいと思います。話つきないので25日…
[ 2007/08/20 23:09 ] [ 編集 ]
ノエルママさま♪
そうなんです、フードから手作り食への移行が具体的にどうしていいのかわからなくてナゾだったのです。
須崎さんの本だと、いつものフード8割に手作り2割混ぜるところから割合を増やしていきましょう、という感じだったんですけど、そうすると「フード+肉野菜ごはん」になってしまって、「いいのかなこの食いあわせ・・・」って思っていたのです。

朝夕で使い分けるのはいいですね。
おやつもノエルママさまのレシピを参考に作ってみたいと思います。

最近使っていたフードはティンバーウルフの各種です。
http://item.rakuten.co.jp/pet-annen/c/0000000261
穀物が原材料の第一にあがっているフードは使っていません。
通常通りの量にトッピングで野菜を足しています。
さっと茹でたきゃべつが好きみたいなので入れてあげたり・・・。
ただキャベツを刻んで茹でてるだけなのに、足元で待ちきれなさそうに切ない声をもらしているコタを見ていると、やっぱり一手間かけてあげるっていいことだなと思います。

チキン、ビーフ、ポークは人の夕食の買い物ついでに手に入れやすいですけど、エルク、ベニソン、ターキーなどは手に入れにくいので、そのあたりはこういうフードのお世話になると考えてもいいかなと思っています。
ネットでお肉屋さん(GEN-MEATさんとかなみかたさんとか)からお取り寄せ・・・というのも、肉に慣れたらそのうちやってみようと思っています。

なんか気ばかり急いて、スーパーで発見したのでシソオイル買ってしまいましたv-356
ヒトのごはんへの活用法は全く知らないのに。
まだまだ利用できるようになるには遠そうです・・・。

サンプルとして少し分けてくださるとのこと、ありがとうございます!
ショーのことだけ、手作り食のことだけ、と頭の中がどちらかに偏らないように気をつけて25日を迎えたいと思います。
[ 2007/08/21 07:39 ] [ 編集 ]
奥がふか~い
太らせたかったら炭水化物。そして高カロリーのもの。人間といっしょですね。
母も筋トレで、パワーリフターなので、筋力アップのために良質のたんぱく質は必須。そして少量の炭水化物でエネルギーも必要です。ビルダーになるにはたんぱく質を削ります。脂肪もついてよい太り方ならば、炭水化物OK。脂肪をつけずに筋肉のみでボリュームなら良質のたんぱく質をたくさん・・・となります。これはワンもおなじかなぁ~~~
[ 2007/08/21 11:54 ] [ 編集 ]
まろん育ての母さま♪
母さまパワーリフターなんですかっ。
だからあのスタイルの良さなのですね~・・・なるほど~・・・。
って、納得するところがチガウ?!

基本的にはヒトと同じ・・・ということですね。
炭水化物や与えにくい内臓はおやつで、ごはんにはお肉・お魚などでタンパク質、という感じがいいのかな、と思いました。
そういえばハンドリング練習でレバーは食べているので、内臓はそれでオッケーかも?!(与えすぎると塩分過多でしょうけれど)

そしてわたしは自分のしろごはんを減らします・・・・・・・(関係ない)
[ 2007/08/21 18:40 ] [ 編集 ]
豚レバー
豚レバーって他のレバーなんかよりビタミンAが過剰なんです。他のレバーの約100倍もあります。ではビタミンAの過剰ってどんな問題が起こるのかな?って調べたら、頭痛、皮膚の剥脱、脱毛、吐き気、野菜からのカロチンは排泄されてしまうが、レバーのビタミンAは体に蓄積するのだそうです。
ですからトレーニングでレバーを上げているなら必要ないです。過剰にならないように気をつけないといけないかな?
でもあげなければ1~2日で正常になってしまうそうです。
レバーなどの内臓は1週に1食と言う割合でいいんじゃないかしら。まあ、この100倍多いと言う数字をどのように受け止めるかだと思いますが。参考までに…
[ 2007/08/21 21:34 ] [ 編集 ]
ノエルママさま♪
・・・・・あのレバーは何のレバーなのか、そういえば知りません・・・・
意識低いですね~、わたし。
コタの口に入るものなのに。反省です。

毎日練習で少しずつ食べていれば大丈夫そうですね。
あんまり食べ過ぎるとはげちゃうんですね~。。。
わんこの頭痛って気づいてあげられなさそうなので、心配です。

わたしも練習ついでにレバーを食べているので、自分の鉄分は大丈夫そうですっ。(関係ない)
[ 2007/08/22 08:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。