J.K.C.日報。

ジャパンコタロークラブ日報。ノーフォークテリア虎太郎と愉快な相棒たちがお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

血便。

自分用備忘録として。
読んでも面白くないです。


9月19日(木) 月齢1歳3ヶ月 体重5.65kg

朝から便通が2回。
便の調子は良いけれど、2回とも通常と同量の便。
お昼頃、キッチンマットに排便。
珍しく失敗したなと思って確認すると、やや軟便。
なんらかの違和感から、キッチンマットでしちゃったのかなと思う。
特に叱らず。

夕方、再度キッチンマットで排便、下痢。
血のような赤いものが混じっている。
前日、赤いもの(トマト・にんじん等)を食べさせてはいないし、普段と違うものは特に与えていない。
ティッシュで赤い部分が見えるように包み、ジップロックの中に入れて病院へ向かう。

本犬は外出の様子を察してハイテンションでよく動く。
これだけ動ければ大丈夫のような気もするけれど。

いつもの病院が休診日の為、別の病院に行く。
自転車の前カゴに乗せて走るも、非常におとなしくしている。

病院では便検査、触診、検温等して頂く。
便に混じっていたものはやはり血だそう。
やや大腸菌の数が多いものの、虫やウィルスといった異常は見当たらないとのこと。
熱は無いし、身体を触ってもお腹の張りなどもなく、粘膜にも異常なし。
これといった原因がない様子。
人が下血した場合、重病の場合が多いけれど、犬はそこまで重病じゃなくても下血するとの説明を受ける。
季節的なものや、ストレスなどでも下血することがあるとのこと。
下痢止めの注射(アウピシリン+ブスコパン)をし、薬は下痢止めシロップ、抗生物質が処方される。
薬の服用は明朝より。
今日は運動はダメ、夕食も無し。

帰宅後、またも排便。
赤いねっとりしたもの。
異常のためか、本犬もしょんぼりしている。

少し横になったと思ったら、起き上がり、吐く。
連続して2つの水溜りができる。
黄色い液体に、朝のおやつと昼の梨があまり消化されてない状態で出ている。
「吐いたりはしてないので、下痢止めと抗生物質でいいでしょう」と先生が仰っていたので、病院に電話し吐いてしまったことを伝える。
吐き気止めを処方して下さることになり、取りに走る。

クレート内に入れて留守番させるも、外出の様子を察したら通常ならキュンキュンなくのに全く無言。

病院は終了の時間だった為、夜間の救急病院の電話番号を教えて頂く。
吐き気止めをもらったものの、やはりこれも服用は明朝より。
今夜は今の状態で様子を見るしかないということ。

帰宅すると、多少いつものように声を出す。
クレートから出すと先ほどより動きが良いように感じられる。
ちょっとほっとする。

ブログを書き出す。
水をがぶ飲みしたら、直後に吐く。
今度は黄色い水のみ。
ここでブログオワリ。

歩いている姿がヨタヨタしていて、しっぽがぺっちゃんこになる。
あまりにも痛々しい姿。
注射前の方が元気だった気がする。
注射が効いてきた頃から、段々ぐったりしてきた気がする。
注射しないでお薬だけにしてもらえばよかった、と後悔する。
何が良くて何が悪いのか全くわからなくて不安が募る。

トイレに何度か行くも、出ないようでそのままトイレにすわりこみ、ぷるぷると小刻みに震えている。
どうしてあげたらいいのか全くわからず、オロオロとコタを抱くしかできない。
安易に注射をしてもらって、何かあったらどうしたらいいのかと、自分のせいでこのまま死なせてしまったらと思うといたたまれない。

ソファの上に横になり、横になった自分のおなかの上でコタを横たわらせ、お腹をなで続ける。
あったかい体温と、呼吸の音に癒されるのはわたしの方。
いつもならしばらくしてすぐ降りて行ってしまうけれど、ずっとそのまま横たわっている。
息が多少荒く感じるのは、顔と顔が近いからなのか。
ちょっと身体が熱く感じるのは、長時間からだが密着しているからなのか。
何一つ異常を見逃すまいと必死になる。

たくみんから帰るコールがある。
コタがそれで起き、やはり暑かったのかアルミボードの上で寝なおす。

わらにもすがる思いでブログを確認すると、虎ままさまの書き込みがあり、ちょっとほっとする。
虎ちゃんは今元気だから、きっとコタも治るに違いないと、後から「わたし必死だったな~、あんとき」と笑えるに違いないと思える。
「脱水に気をつけて」とのことばにハッとする。
脱水しかけて熱っぽいのかもしれない。

鶏スープを作り始める。ついでに人のごはんも。
鶏手羽元がヒタヒタになる位の水を入れ、しょうがをひとかけ入れて火にかける。
RUDYさまがおなかこわした時は葛湯、と仰ってたような覚えがあり、葛を買っておけばよかったと後悔。
風邪ひいたときは生姜湯っていうし、ということでしょうがを入れてみた。
アクをとりながら、十分にスープが出るのを待つ。
人のごはんができる頃には良いスープができた。

調理中、コタはトイレに行くも、またでないので脱衣所(トイレがある場所)のすみっこで横になる。
キッチンと脱衣所は横一直線になっているので、お互いに姿が見えるからいい場所かもしれない。

たくみん帰宅。
コタ、とても嬉しそうに動く。
普段だったら当たり前のそんなことが、とっても嬉しい。

スープが冷めたので与えるも、しょうがのニオイがイヤなのか、ちょぴっと飲んでまた寝てしまう。
少しでも口にしてくれたのならいいや。

人のごはんが終わったので、またおなかの上で寝かせる。
やっぱりずっと寝ている。
そのまま自分もウトウト。
気づいた時に場所を移して布団で一緒に眠る。
夜中はぐっすり眠ったようだ。(お互いに)



9月20日(木)

すっかり良く眠ってしまった。
ということはコタがトイレに行ったり水を飲んだりしなかったということ。
いつもそれらがあると必ず目覚めるから。
コタもぐっすり眠ったんだなぁと思う。

元気に人の顔をしつこく舐めにくる。
これはお腹が空いているサイン・・・さては元気になってる??

朝の排尿。大量。

たくみんが出勤するとき、いつものように「オレも出勤するぜ!」といわんばかりの眼の輝きと身体の動き。
あ・・・こいつ元気になってる。

見送った後、フードを冷蔵庫から取り出すと、いつものように「辛抱たまらん!」な様子を見せる。
鶏スープを少しあたためて、少なめのフードにかけてふやかす。
与えるとがっつがっつと食べてあっという間に完食。
・・・もう完治っぽくないですか?

あまりにも元気なそぶりなので、食前の薬を飲ませるのを忘れてしまった。
食後の薬だけあげる。

排便は出すものがないのかそぶりもない。

わたしの昼食はコタの鶏スープの残りでフォー。
鶏肉がカスカスで、犬の残飯をもらっている感じが切ない。

夕方、いつもの病院に行く。
外出の様子に気づくとまたハッスル。
散歩だと思っているようだけど、自転車の前カゴだけです。

本犬の状態も見てもらい、もう大丈夫そうだけどもらった薬は全部服用させておくようにとのこと。
注射の後ぐったりしたことを伝える。
注射の内容(アウピシリン+ブスコバン)はおかしくはないし、おかしくなることも滅多に無いけど、もしかしたらブスコバンの方がコタにはあわなかったのかもしれない、とのこと。
今まで予防注射しかしたことがないからわからないけど、念のため今後は注意してくれるとのこと。
下痢の時用のごはんをくれた。
ついでにフロントラインとフィラリアのお薬をもらって帰る。

夕食にまた鶏スープを作り、大根を細かくしたものも一緒に茹でる。
少し量を増やしたフードにかけて、茹でた大根もトッピングしてふやかす。
完食。

わかったことは、クレートの外でご飯を食べさせると途中で食べるのをやめること。
クレートの中に入れて、お皿を入れてあげると完食する。
・・・・あの食器買った意味なくなったなぁとしょんぼりする。
ま、食べてくれるだけいいんだけど。

夜の排便なし。
ごはんが少ないからか。


9月21日(金)

すっかり元気そう。
しかし夕方の今現在まで排便なし。
・・・下痢止めで便秘か???


[ 2007/09/21 16:10 ] 医療。 | TB(0) | CM(6)
いっぱい心配したのね。
大変だったね。
私も何か異変があった時は必ずメモを残しておくの。いっぱいいるからなおさら。
後で、読んだり結構役にたってる。

嘔吐の時は『がぶ飲み』厳禁で~す。
[ 2007/09/21 23:17 ] [ 編集 ]
とても心配な一晩でしたね。
コタくん、元気になって本当によかったね。

虎ママさまもおっしゃっているとおり、体調を崩したときはメモは大切だと思います。
お医者様に診ていただくにも、いつ何があったか、というのはとても役に立つように思います。
特に急変したときなど、人間側がパニックになってしまうことがあるので、メモをとっておくと少し安心感がありますよね。

お腹をこわしたときは葛湯がいいです。
あとは、炭水化物です。
柔らかく煮たお粥とか、パンをお湯でふやかしたものとか、強力粉とお水と混ぜて、おうどん作ってみたりもします。
[ 2007/09/22 00:50 ] [ 編集 ]
虎ままさま♪
のどもと過ぎれば忘れちゃうので、ブログと「わんにゃん母子手帳」に残しておくことにしました。
ブログに「sick」というカテゴリを作って、そこに分類しましたが・・・このカテゴリに記事を書くことが今後ないようにと祈るばかりです。

がぶ飲み禁止ですね~。
今度嘔吐したことがあったら、いつもはお皿になみなみのお水があるんですが、給水器に変えようと思います。
[ 2007/09/22 10:36 ] [ 編集 ]
RUDYさま♪
少し前に、ルルちゃんが体調を崩してRUDYさまが大変心配されていた記事がありましたが、あの時の気持ちが痛いほどわかりました。
つらいですね~かわってあげられたらどんなに楽かと思いますね。

葛は今後常備しようと思います。
おなかこわした時は人もわんこもおかゆがいいんですね。
メモしておきます。
ありがとうございます!
[ 2007/09/22 10:39 ] [ 編集 ]
まきまきさんの優しい姿が目に浮かんで、すご~~くコタ君がまきまきさんとたくみんさんのかけがえのない存在だって伝わってきて、「元気になって~~」って思わずからだを固くして読んでしまいました。
元気になってよかった。
コタ君、たくみん&まきまき家に養子に行ってほんとに幸せです。
すご~~~く、嬉しいです。ちょっと変かな???
[ 2007/09/22 14:29 ] [ 編集 ]
フラガールさま♪
フラさまにそういっていただけると嬉しいです。
なんかてれくさい感じもしますが・・・v-356

わたしたちが、コタに幸せにしてもらっているように、コタにもいっぱい幸せをあげられたら・・・と思います。
[ 2007/09/23 09:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。